Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SWEETS PYXIS―a girl has grown up to be a sweet lady
SWEETS PYXIS―a girl has grown up to be a sweet lady (JUGEMレビュー »)
本橋 雅人, 日高 宣博, 横田 秀夫, 川村 英樹
小さなスプーンおばさん
小さなスプーンおばさん (JUGEMレビュー »)
アルフ・プリョイセン, 大塚 勇三
お菓子の歴史
お菓子の歴史 (JUGEMレビュー »)
マグロンヌ・トゥーサン=サマ, 吉田 春美
東京 和のおやつどき
東京 和のおやつどき (JUGEMレビュー »)
春日 一枝, 名久井 直子
ジス・イズ・パリ
ジス・イズ・パリ (JUGEMレビュー »)
ミロスラフ・サセック, 松浦 弥太郎
贅沢なおやつ
贅沢なおやつ (JUGEMレビュー »)
松任谷 由美, 藤田 千恵子, 桜沢 エリカ, はな, 本上 まなみ, 深澤 里奈
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
新しいスニーカー
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa
20041026_1628_0000.jpg
 

 しゃきーん。新しいスニーカーを買いました。可愛がってたnizzaちゃんに穴が空いてしまったので・・。でもおんなじアディですよ。白地に黒がポイント。さらにさりげなく金の白抜き文字でアディダスロゴが入ってるの!オトメ心くすぐられまくり。超かわいい子です。

 ブーツに1万円かけるのは嫌だけど、スニーカーに1万円かけるのには抵抗ない。履き心地と値段がそのまんま比例するもん。

 スニーカーの似合う大人になりたいと思う。さすがにおばあちゃんになったら似合わないと思うけど。スニーカーが似合う大人の女のひとって格好良い。何歳まで違和感無く履き続けられるか。挑戦だ。
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ドラッグストアコスメガール
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa


 私の化粧ポーチ。外見はF嬢からのプレゼントで頂いたレスポと高級品だが、中身はぜんぶドラッグストアで買ったもの。(あっ例外的にロレアルのインターンの選考会で頂いたビオテルムのグロスがあるけど)

 マジョリカマジョルカのパウダー。メイベリンのアイシャドウ。キャンメイクのまゆずみにベビーピンクのチークジェリー。もちろんマスカラはデジャヴのファイバーウィッグである。これ気に入っててもう5代目くらいだ。

 化粧水もメイク落とし代わりの乳液もホワイシス。シャンプーとリンスはスーパーマイルドに定着して5年くらい経つ。トリートメントばかりは、マニアばりに銘柄を変えて試しているけど、他には大体自分の定番がある。

 洋服もコスメもおんなじで、値段じゃないなあと思う。自分に合うか、合わないか。勿論色もそうだけど、肌質や髪質に合うか合わないかって、実際使わないとわからない。デパートの化粧品売り場に行けば、気持ち悪いほどに親切なおねえさんが相手をしてくれるけど、私は自分の足でドラッグストアを行ったりきたりして選ぶ化粧品の方が信頼できると思うのだ。おもちゃみたいな色の洪水にどきどきしながら、まるでギャンブラーみたいな気分で新色を手にしてみる。時々はずれちゃうけど、それも「投資投資」と自分に言い聞かせながら。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
おやじ汁
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa


 久々のヒッツ!その名も「めだまのおやじ汁」

 すげーキャッチーなネーミングだよーと一人興奮して買ってしまった缶ジュース。ヴィレッジヴァンガードにて発見。すごくない?だって「汁」ですよ「汁」。中身はというと、ゆずジュースらしい。汁っていうからにはみそ汁でも入ってるのかと思って拍子抜け。あぁでも空けるの勿体無いなぁ。。

 鬼太郎ファンとしては、ハズせないグッズでした。ハイ。ちなみに左隣りに見えるのは、蝶野さんのブラックオレンジジュース。弟へのみやげ物でありまする。
comments(5) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ずっと
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa
Let Go

 ずっとアヴリルラヴィーンを聴いている。元気が無い時の特効薬なのだ。きょうの午前中の私ってば気持ちがめちゃくちゃで、ちょっとまわりから人がいなくなるたびに涙がぽろぽろこぼれてきた。跡がつかないように必死でこらえたから、大事にはならなかったけれど。

 おかしいんだ。なんでだろう。こんなによく寝て、よく笑っているのに。それで、思い出した。書きかけの小説のこと。書いてたらどんどん自分の嫌な部分がでちゃって、辛くて辛くて、途中でやめた。お茶を飲んでぼうっとする時間、いつもは好きだけどいまはつらい。だって頭にエコーするのは、その小説に書いた文章なんだもん。

 書かなくちゃいけないと思う。誰に強いられたわけでもないけど、でも私は書かなくちゃ。

 アヴリルみたいに可愛くて才能もある女の子になりたい。かなわない夢でも、この際味方になる。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
夏休み最後の日
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa
 夏休み最後の日、ひさびさにまっすぐな夢を語る高校生に出会った。

 「建築家になりたい。誰よりもかっこういいデザインの建物を世界中に一つでも多く作りたい」

 それだけ抜いてしまえば、ひどく単純な夢のように見えるけれど、そこには深い深い根拠があった。もちろん、私のものじゃないから、ここには書けない。確かなことは、すべて頭の奥にある。それを搾り出すように言葉にしながら、彼は時折清潔そうな笑顔を見せた。

 その姿が、自分と重なった。

 生まれ育った環境で、当たり前にはぐくんでしまう夢がある。

 本とか、体験学習とか、ボランティアとか。そんな大層なことじゃない。無意識のうちにきっかけらしきものが通り過ぎ、その後、少しずつ、少しずつ、自分の中にたまっていく時間が、そのまま夢をつくっていく。そういう夢は当たり前すぎて、ちっとも言葉になってくれない。確かに気持ちの中に強くあるのに、それがうまくまとまってくれない。AO入試を受けて、一番よかったと思うのは、その言葉にならない部分が、少しだけみえたこと。私が恩師に感謝している最大の理由が、ここにある。

 今は世襲制度なんて流行らないけれど、でも、単なる親の決めつけというわけじゃなくて、子供自身が、知らず知らずに親の背中に夢をみることは、そう少なくないという気がしてしまう。やり方をまねするというよりは、何をするかのまねをする。

 私は父親が嫌いだ。小さい頃から仕事一本の人で、参観日には一度も来てくれなかったし、家族もちのくせに、自由気ままに生きてしまいすぎるところがある。でも、たぶんそんな父親の見つめている一点は、私と同じだ。知らないうちに、私は父の背中を見通し、そして父の目線の先にあるものを追うようになった。

 前述した彼には、素敵で尊敬できる家族がいるのだろう。上品でセンスの良い服は、そのまま彼の家庭環境をあらわしているかのようにみえた。実際、当たり前の夢にむかっていくのは楽なことじゃない。でも、深く自分に根付いた夢は、かなえない限り、朽ち果てることもない。

 がんばってね 

 ライバルのような気がしてしまったから、背中にそれだけ声をかけた。
- | - | PAGE TOP↑
二人のロリータ
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa


ロリータ、という言葉を聞くと、私の頭の中には二人の女子が浮かぶ。

 一人は、『下妻物語』の深田恭子ちゃん扮する桃子のようなロリータちゃん。ヴィヴィアンの靴、ラフォーレのflowerやジェーン・マープルあたりでそろえたふりふりの服にきちんとヘッドドレスをつけてるようなふわふわした女の子。勿論髪は、少し薄い色の縦ロールだ。

 もう一人は、ジャストサイズのTシャツに、細身のリーバイスのジーンズしか身につけていない女の子。髪の毛は無造作なストレートロングで、体はガリガリときまってる。細い指でタバコを吸うのが似合う、ジェーンバーキンみたいな雰囲気の子。

 どっちか好きかといわれれば、断然後者のほうだ。といっても、私には、メタモルフォーゼで服を買っていた時期があるので、前者のことも批判はできないのだが。なれないのはよくわかってるけど、ジェーンバーキンとか、ナボコフのロリータみたいな女の子に憧れてしまうのです。生まれ変わることができるなら、ああいう女の子がいい。ていうかジェーンバーキンになりたい。むりだけど。

 でも、どうだろう。これ、私だけじゃないはず。やっぱ、真・ロリータって感じがするのって、ジェーンバーキンみたいな女の子ですよね?
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ロンドン放浪計画
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa
地球の歩き方 ガイドブックA03 ロンドン
地球の歩き方 ガイドブックA03 ロンドン
地球の歩き方編集室

 イエーイ。新生スキップチップ第一弾は旅の計画の発表です。このワタクシ、中学生の時からの憧れの地、ロンドンへ一人旅に行って参ります。

 イギリスというと、シャーロックホームズにトレインスポッティングにピーターラビット、ビートルズ、OASISにいたるまで、好きなもんだらけの国ですが、今回は欲張らず、ロンドンのみ。なんと言ってもはじめての一人旅なわけですから、あまり不便な場所は自信がない。電車の乗り継ぎとかもね。できれば、ストラトフォード・アポン・エイヴォンくらいには足を伸ばしたいと考えているのですが、ともかくロンドンを歩きまくるつもりです。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ストパのモデルにいった
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa
20040709_2354_0000.jpg
 

ひさびさ真夜中のサロン。髪質を誉めていただいた。自分ではよくわからんのだが、誉められたからにはがんばろうとおもう。「自分にキョーミがないのは問題だよぉ」っていわれてはっとしたのだ。もうちっとキレイにしてなきゃだめだよね、オトメ。

 しかし、有名サロンのスタイリストさんはがんばるなぁ。昨日も講習会が終わったのは12時だった。

 まえにD-cubicのスタイリストさんの実験台もやったんだけど、その人休日返上で練習してたのね。そしたら、いまや特集のトップとかに名前が載ってる。こういうの、うれしくなる。

 でも、実力至上主義ってすがすがしいな。努力してる人がきらきらしてく世界なんだねぇ。

 私も努力!エンジェルマジックっていう名前には天使の輪をつくるって意味が込められてるらしい。かーあいい。
comments(5) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
暑いねぇ!
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa


 白熊涼み会。私の部屋は、この子の色調がメインです。シーツとカーテンは赤、壁と机とカラーボックスは白。本棚とベッドは茶色。

 夏休みはもっとインテリアに凝るぞー。

 気合をいれて、ひさびさにminiなんて買ってみる。髪型特集とインテリア特集ナリ。表紙の太田莉菜ちゃんは、かなり前から注目していたモデルさんなので、最近人気がでてきて嬉しい。ロシア人と日本人のハーフなんだって!どうりで色白で華奢なわけだわ。アンナちゃんの数年前の写真(前髪ありショートカット)なんかも載っていて、今回のminiはかなりイケてる。キャサリンちゃんも、どんどんかわいくなったモンねぇ。前に下北で目撃したんだけど、すごい暑いのに彼女だけ涼しげだった。

 モデルさんをみてると元気になります。
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
「切腹T」のデザインが盗まれたぁぁ
category: 雨漏り日記 by chigusa | author: chigusa


 イッツマイデザイン。切腹T。赤と白の二枚重ねで、上の白Tの腹部に仕込まれたファスナーを横にあけると、真っ赤な地に白い「御免」があらわれる仕組み。後ろは、侍が刀構えてるシルエット画です。ぶっちゃけ、かっこういいよ。私が着たかったのを、オークションに出したら、思わぬ高値(8000円)がついたので、手放すことに。(ホント、買ってくれた方ありがとうございました。ぺこり)まわりからも評判がよかったので、量産していろんな人にあげようと思ってたけど、それだけ評価してもらえたから、ほかに一着も作ってないんです、これ。正真正銘の一点モノよ。
続きを読む >>
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH