Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SWEETS PYXIS―a girl has grown up to be a sweet lady
SWEETS PYXIS―a girl has grown up to be a sweet lady (JUGEMレビュー »)
本橋 雅人, 日高 宣博, 横田 秀夫, 川村 英樹
お菓子の歴史
お菓子の歴史 (JUGEMレビュー »)
マグロンヌ・トゥーサン=サマ, 吉田 春美
東京 和のおやつどき
東京 和のおやつどき (JUGEMレビュー »)
春日 一枝, 名久井 直子
ジス・イズ・パリ
ジス・イズ・パリ (JUGEMレビュー »)
ミロスラフ・サセック, 松浦 弥太郎
贅沢なおやつ
贅沢なおやつ (JUGEMレビュー »)
松任谷 由美, 藤田 千恵子, 桜沢 エリカ, はな, 本上 まなみ, 深澤 里奈
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
京都の土産物
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko

京都の栗といったら、コレでしょう。中華街のとはちょっと違う、ほんのり甘い香りの小さな実。
時々むしょーーに食べたくなるなる(ケンタ○キー、じゃない)。 【 林万昌堂 】デシタ!
これは祖母とハハからの土産物。
自腹を切ってないからか、遠慮ナシにぼりぼり食べまくっております。


京都に住む遠い親戚からのお土産。
「菓子好き」だと、ほうぼうで言い続けた甲斐あって、
洋菓子をたくさん用意して待っててくださったそうだ。ありがたきシアワセ(T◇T)。。

こちらのロールケーキは、
卵のスポンジ生地にチョコとパイが層になったミルフィユが包まれてます。めずらしーい!
冷蔵庫から出して、しばらく放置しておいたほうがチョコが溶けて美味しくなるみたい。
スポンジ生地が美味だったので、今度は自分で生ロールケーキを買いに行ってみよう★

【 ジョフラン ドゥ・コントラーHP 】
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
京都のお土産
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
京都のたべもの特集もいよいよ最終回。ようやく・・ワ〜イ(≧▽≦)
今回は お土産特集 です。

散々食べ歩いたくせに、家に帰ってからも京都のグルメにしがみつきたいワタシは
お土産を買うのにも超真剣。メラメラ。
自宅に着く時間は7時30分ごろと設定して、
晩ご飯は【 ジェイアール京都伊勢丹 】で買うのがお馴染み。
ランチでさえ、どうにもこうにも高くて入れないお店のものを お弁当 で買っちゃいます。


家族は4人なので、4つ。写真左上から時計回りで【 はつだ 】の『焼肉弁当』、【 六盛 】のお弁当、 【 下鴨茶寮 】の『鱧づくし弁当』、、【 泉仙 】の『いなり寿司』(ゴメンナサイ、名前は適当です)。

【 はつだ 】は京都にある焼肉屋さん。焼肉屋さんなだけあって、お肉が超おいしい!こういうお弁当に入ってる肉はヒリヒリになるもの!という常識を鮮やかに裏切ってくれます。香ばしいタレと共に、ご飯には千切りキャベツが乗っかってる。わしわしと一人で抱えて食べてしまいたかった。
また買います、ぜったい。

【 下鴨茶寮 】と【 六盛 】は、老舗和食料理屋でおなじみ。どちらも薄味で品が良いおかずばかりです。丁寧な仕事がうかがえるので、いつか本店へ・・と思わせてくれます。

【 泉仙 】のおいなりさんは、何となく買ってみてヒットだったもの。黒ゴマがごはんにまぶしてあって、食欲が倍増する気がした。東京のは醤油っぽくて飽きてしまうものが多いけれど、これならいくらでも!

☆★☆
カステラといえば【 福砂屋 】なわたし。
その2番手に控えているのが【 大極殿 】の『春庭良(かすていら)』です。

両者のカステラの特徴は似て非なるもの。【 福砂屋 】はふわふわ〜とした食感でザラメもカリカリ。
【 大極殿 】は、むっちりどっしりと重い。ザラメもしっかりとついてガリガリします。
消費期限が3日以内なのも、新鮮な素材をそのままに・・の粋を感じます。
全然ちがうからこそ、どちらも時々むしょうに食べたくなる味。
【 大極殿 】では、『カステラのラスク』が新たに登場してた(写真奥)。これもなかなか美味☆

☆★☆
いよいよ最後のお菓子の登場です。
7月30日付けで閉店した【 ミディアプレミディ 】の焼き菓子。

見た目の美しさもさることながら、味もとてもよかった。
今回食べまくった菓子の中でも、『黒ゴマのクッキー』は抜きん出て美味しかった。
このお店が無くなってしまったなんて信じられない。
今後は一部の喫茶店で販売する予定だそうですが、
雰囲気のある素敵な菓子屋さんだっただけに残念な限り。もったいなや。

またいつかこの焼き菓子たちに出会えると信じて、
わたしはミディの店主の津田陽子さんのレシピで日本一のロールケーキを作りたいと思います☆
旅の幕切れにふさわしい焼き菓子・・泣けるっ(:◇;)!

☆★☆
 観光もしてたこと、最後にアピール。
comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
京都のお菓子
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
まずは洋菓子編から。
おそらく、京都のケーキ屋で1番の知名度を誇る【 パティスリー・オ・グルニエドール 】。

昨年の京都旅行で2つの生ケーキを食べてみたのですが、
わたしの美味しいケーキ像と少しズレがありまして・・。
東京のほうが、ケーキはすごいのかなーって思ったのが第一印象でした。
でも、そんな自分の感覚をアヤしんでしまうほど、各誌での評価は高く・・。

今回、もう一度行ってきました!イェー。
生ケーキをざーっと見たところ、あまり去年のものと変わりばえしない模様。
今回は『スコーン』と『フランボワーズのタルト』をゲット。

これらがなんとまぁ美味しかったこと!!!
スコーン』は粉の香りがふわわんとしてサクサク。これが100円だなんて信じられない(@◇@)!
もし近所にあったらば、毎日買いに行くこと間違いナシです。
あー、ひさびさに美味しいスコーンを見つけた。

フランボワーズのタルト』はベリーぼ粒々した食感がグーです。
お店で600円くらいでコンフィチュールを売っていたのに買わなかったことを後悔したほど。
果物の新鮮さや甘みが前面に出てて、トリコになってしまいました。
また生ケーキを買ってみようという気持ちがわいてきた(☆☆)!

☆★☆
お次は和菓子編
【 中村軒 】の『麦代餅』と【 今西軒 】の『おはぎ』、【 俵屋吉富 】の『調布』。



これを食べずして今回の旅を終わらせることは出来ないと、息巻いていた『麦代餅』。
京都の中心部から遠い本店に行く覚悟を決めていたのに、あっさり高島屋で発見してしまいました。
入荷日は限られているようなので、たまたまゲット☆
中の餡子は白っぽくてあっさりした感じ。餅もほどよい固さでした。1個じゃなくて、もっと食べたかった!

次は、『おはぎ』。ここ今西軒は、ご家族で経営されている小さな和菓子屋さん。でもこの味を求めてくるお客さんは引きも切らず、午後2時過ぎにはすっかり無くなってしまうらしい(予約も可能)。
食べた感想は・・むむむ。ご飯の粒の形がしっかり残った部分は大好きな感じだけれど、餡子は口に合わなかった。丹精こめて作られているのは感じられただけに残念。

最後は『調布』。今が旬の鮎形の和菓子と中身は同じ、求肥。布を折りたたんだ形と似ているから「調布」というらしい。これは完全に個人的なツボ。調布市民と、とあるところの学生はこのお菓子を見たら、ひっじょーに盛り上がるでしょ。(≧▽≦)!
comments(5) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
京都のパン屋総集編
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
【 ボンボランテ 】

7月20日にも紹介したお店です。
その丸いフランスパン以外にも2つ買っていたので、その写真をUP☆
わたしがお店を訪ねたのは平日の午後の1時30分ごろ。5種類くらいのパンが焼きたてで、小さめのショーケースにはパンがぎっしりありました。迷いに迷って、お店のひとに「おすすめ」を伺ったところ、あがったのがこの2つ。「ブルーチーズのフランスパン」と「エピ」。(ごめんなさい!名前は不確かです。)

このお店は生地が本当に美味しい。味がしっかりあるのです。
それから、もちもちもちもち・・・♪
京都には美味しいパン屋さんがあるそうですが、また確実に再訪すると思います!

【 ルプチメック 】


本場フランスの香りが楽しめると噂のパン屋さん。
ここもパン先生こと、Clevaさんのお墨付き!

店内にあのサンタさんそっくりのビゴさんの写真もあったり、曲もパリのカフェを思わせる曲。
雰囲気がとってもとっても良い店です。
イートインもあるので、カスクートのサンドイッチや大人気のブロッコリーのプリンはここで食べてみたいな。カレーパンも美味しそうだった!
今回食べたのは『クロワッサン』・『オレンジのタルト』・『ウィークエンド(写真は切った状態)』。
印象に残ったのは、『クロワッサン』。移動中に潰してしまったけど、バターの味が濃くて美味しく食べられた。『オレンジのタルト』も全然苦かったりせず、オレンジもやわらかい。
このお店の詳しいパン情報は『FUDGE』からゲット★
意外なファッション誌に役立つ情報が載っていたりするので、あなどれません!


★☆★
ボンボランテ】と【hohoemi(7/26の日記)】、【ルプチメック】が今回の旅で行けたパン屋さん。それぞれ個性豊かでどれが1番と決めることはできませんでした。
でも、お気に入りのパン屋さんが3つも増えたと思うと、うれしくて仕方がにゃいわい(≧▽≦)
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
京都のマカロン @エキュバランス
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
マカロン、一昨年あたりからじわじわ・・っと人気が出て
今や大きなお菓子屋さんではわりと普通に見かけるようになりましたね。
でも色・形・クリームの個性は千差万別!
この奥深さにすっかり参って、値段の高さも忘れて色々チャレンジしたくなります(メラメラ)。

わたしが今まで食べた中で1番すきなマカロン。それは東京ではなく、京都に売ってます。遠いぜ・・。
昨秋に2人で京都に行ったアネとハハに頼んで買ってきてもらって以来、
いつかいつか自分で買うーと誓って、今回ちゃぁんと行ってきました!

店名は【 エキュバランス 】。

内装は新しいから明るく、10人以上お客さんがいても大丈夫そうなくらい広い。

麗しのマカロン。(本当はショコラもあって全部で5種類。これ、帰路の途中でペタンコに・・)

色が綺麗でしょ?中のクリームもニチニチせず、ふわっという感じ。量も適量です。

そのほかの焼き菓子。お値段も買い求めやすいので、お土産に良いと思う。
種類が豊富で決めるのが大変でした。下の2つが特に美味しかったー。


先日紹介した【 ブズン 】の帰りに行った(案外近い!)ので、生菓子は買うことはできませんでした。
でもフルーツをたくさん使ったミルフィーユ、食べてみたかったなぁ・・。
今回「会員no.1984」になることができた♪ので、またイソイソと買いに行きたいと思いまっす。
comments(5) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
小倉パフェ @IORI
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
自分で勝手に京都シリーズに飽きてしまって・・
違うのをまじえてみたけれど、結局UPするには変わりはにゃい!!
鎌倉行ったり、中華街行ったり、コヌレ広尾のプリンも食べたのよぉぉ〜。それはまたいつか( ̄□ ̄)。
☆★☆

いきなりですが、京都のデパチカはすごいんどすぇ。
お弁当・お茶買うならJR京都伊勢丹。和菓子・漬物・七味買うなら高島屋。ここも漬物!大丸京都
そーしーて、どら焼きで有名な笹屋伊織のカフェ【 IORI 】があるのも大丸京都!!

新しく出来たお店なだけあって・・内装もお皿もすべてがオサレです。
メニューも豊富で、浜作プロデュースの【 天丼 】もあったりして意欲的な印象。

パフェはMサイズとSサイズがあります。おすすめはSサイズ。
わたしはもちろんMサイズで・・・食べ終わる頃には椅子ごと倒れそうになりました。
白い器の中は、ブラックホール・・。とても深いからアイスやクリームの量がハンパじゃない。

抹茶アイスと生クリームがグー。あとパフェにはめずらしい黒豆も!!
お抹茶と一緒に食べた生菓子(中身は黄身あん)もしっとりで美味しかった。

限定数のランチや期間限定の氷もとっても魅力的だった。
適度に混んだ店内も過ごしやすい感じ。気軽におすすめした甘味どころです。
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
京都のパン屋 @hohoemi
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
京都の菓子やご飯の写真が尽きない・・。
こんなに食べたっけ?!信じられん・・信じたかーない(◎◇◎)みたいになってきました。笑。
昨日は朝から夜まで外を駆けずりまわっていたのでUPできず。
今日は挽回しまーす(これが更新2っつ目)。エイエイオー!

☆★☆


【 hohoemi 】も、わたしの“パン先生”ことClevaさんに教わったお店です。
【 ボン・ボランテ 】から歩いて5分ほど。
一度に行けて、鴨川で食べられる素敵なパン屋さんたち。き・・近所に越したい。

【 ボン・ボランテ 】が本格的な生地の旨み、パンの飾らないシンプルな味を追求しているように感じた一方、【 hohoemi 】は、パン屋という空間の演出がうまいと感じた。パンにまつわる雑貨や、テーブルなどの配置が絶妙。寸分くるわず、「ほほえみ」っぽさが演出されている感じがした。

今回食べたのは写真の3つ。(右上はフランスパンのキャラメリゼ)
まだまだまだ・・買いたいのはいっぱいあったのだけど、わたしも胃はひとつなのネ・・。くすん。
そこで参考にしたのは『 SAVVY 』と先日買ったばかりの『 PANYA WEST 』でした。
載ってるものだけを買ってみた。そうじゃなかったら錯乱したぜ・・。アブナイアブナイ。

とくに美味しかったのが『 ベーグルのラスク(ゴマ味) 』と『 イチジクのパン 』!!
ラスクはフランスパンよりも、薄く出来て密度のあるベーグルのほうが食べやすいのかもしれない。
新たな発見(☆☆)。
イチジクのパンは、ジップロック(持参)にしまって翌日食べました。
ぷちぷちしたイチジクはほんのり甘くて、もこもこと柔らかいパンと合う!
はー、雑誌に載っているだけあるわ。

また行きたいパン屋さんが増えました。
鴨川の涼風を楽しんだ、素敵な思い出と一緒に。
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
フルーツパーラーも京都! @スギトラ
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko

大のフルーツパーラー好きなわたしにとって、
ちーちゃんやアネと【 万惣 】や【 フクナガ 】や【 新宿タカノ 】に行くのは、とても大事な時間。

装飾がいっぱいしてある、普段使いじゃないお皿を眺めるのもグー。
店による盛り付けの違いを「ふむふむ」と目で楽しむのもグー。
甘さと酸味の区分がはっきりしたフルーツを口いっぱいに頬張る瞬間もグー。
独特のバニラアイスをフルーツにのせて、ガブっとかぶりつくのもグー。

家では経験できない特別な時間が流れていくのがすき!
京都でもできるかなぁと思って『 eats CREA 』を参考に行ってきました☆

入り口はどこにでもありそうな街の果物屋さん。雰囲気が1番似ているのは【 フクナガ 】かな。
フルーツを使った甘味のおしながきがドーンと貼ってあります。カウンター6席だけの小さなお店。
(でも、キビキビ働くおじさんやおばさんは、とっても優しい感じだから緊張しませんよ。)

では、さっそくご紹介。どどんぱ!


左上から時計まわりに『スイカのジュース』、『夏のパフェ』、『フルーツ白玉』。

どれも、ものすっごく手作りの味!
カウンターだからどう作っているのかも全て見えるし、誤魔化されていないのがよくわかる。
驚いたのは、フルーツの甘さ。どれもこれも本当に甘みが強かったです。
マンゴーもスイカもマスカットも苺も甘い甘い。ううーむ、あっぱれ街のフルーツ屋さん。
次回の来た時のことを考えて、「アレもいい、やっぱソレじゃ、コレもいいなぁ」と
食べてる最中からずーーっとアタマを悩ませてしまったほど。

ちなみに『 eats CREA 』では、フルーツサンドが紹介されています。
「コレ!」って決めて行ってもメニューを前に必ず迷う、フルーツパーラー。
【 スギトラ 】もめでたく仲間入り!
comments(6) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ソフトクリーム @丸久小山園
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
昨日も書いたけれど【 丸久小山園 】のお茶が大好き。
お茶缶の柄も、昔から変わらないようだけどパステル色で本当に可愛いのです。
たとえば、ぺたんこの丸いお茶缶が3種類入った土産物には、訳もなく惹かれてしまうくらい。
【 一保堂 】が席巻している都内では、まず見かけないから
京都に行ったときは必ず【 ジェイアール京都伊勢丹 】内の支店に立ち寄るようにしています。

★☆★
ここで要チェックなのが『抹茶ジェラート』(300円)。

ジェラートだからか、
ぷすぷすと穴があいた外見は魅力的には見えないけれど味は絶対に裏切らない。

ちょーー美味しいんだから!!

そして【 ジェイアール京都伊勢丹 】以外にも、錦市場を歩いていたら発見したのが
『ほうじ茶ソフト』(200円)。

これも【 丸久小山園 】の茶葉を使ってる。味は抹茶よりもさっぱりめで、甘さも控えめです。
男性で食べてるひとがたくさんいたのが印象的。

色んなお店の土産物を扱う【 あづま屋 】で発見しましたー。
錦をぶらぶらと散策するときのお供にいかが??
comments(4) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
伊藤久衛門 @宇治駅
category: 甘想文(京都のあまいもの) | author: akko
さーて、なにをUPしようかな(^◇^)。京都のことならネタは尽きません。
しばらくは京都たべもの祭り!エイサーエイサー!!

今日は【 伊藤久衛門 】。
炎天下をフラフラ15分ほど歩いて、宇治駅の本店に行ってきました☆
遠かったけど行って良かった。
茶葉を売る売店と甘味どころが併設された店内。天井高く、広々〜。
駅や商店が連なった通りと逆方向にあるので、空いてるのも良い!

まずは『 宇治金時 』(787円)。

今年の初こおりです。目の前にきただけで興奮のあまり、キャー(≧▽≦)。
お茶屋さんだけあって、氷にかかったお茶シロップが濃かった。段々と氷が溶けていっても大丈ブイ!
餡子もどろーんと素晴らしい量がかかってます。うふうふ。
そして白玉も大事!もっちりと分厚いのがイイねぇ。

次は『 抹茶パフェー 』(630円←やすい♪)。

かの有名な【 都路里 】よりもアイスの分量が少なめ。
その代わりにぷるるん抹茶ゼリーがたくさん入っていました。
重くならないから、こっちのほうがイイねぇ。うんうん。

ふー、大満足!
お土産に茶葉をいくつか買い込んできました。すこしずつ飲み比べてみようっと☆
わが家のお気に入り【 柳桜園 】と【 丸久小山園 】を超えるお茶は表れるのかー??

あ、ちなみにサントリーの『伊衛門茶』とは関係ナシ。あれは【 福寿園 】。
色々あって、まぎらわし!!でも、奥が深ぁぁぁいのです。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH